故人ために霊園管理を大切にしよう!【都心からも比較的近く】

MENU

都立の墓地で永代供養

墓

都立にある永代供養墓

多摩にある霊園は、数多くの著名人が眠っています。また、多摩にある霊園の中には、敷地内の半分が公園となっており、その景観の美しさからも人気があります。墓地に関しては、多摩にある霊園は、永代供養料を支払うと、未来永劫、霊園の管理者が遺骨の供養や管理してくれる永代供養墓があります。永代供養墓は、お墓を継ぐ人がいない人や、お墓のことで子孫に迷惑をかけたくないと思っている人のための、新たなお墓の在り方として注目されています。また、墓石を購入する必要がないので費用を安く遺骨を納めることができます。遺骨の納め方は、合葬と言って、個々に埋葬するのではなく、地下にある共同墓地に埋葬されます。合葬の仕方には、最初から、共同墓地に納骨する方法と、最初は、普通のお墓のように、個別に骨壺などで遺骨を埋葬し、20年後に骨壺から遺骨を取り出して、共同墓地に納骨する方法があります。多摩にある霊園の場合は、個別に管理してから共同墓地に移すタイプです。最初から遺骨を共同で埋葬してしまうと、万が一、お墓を建てることになって遺骨を取り出したいと思っても不可能ですし、最初から他人の遺骨と一緒に埋葬されるのは、亡くなった方に申し訳ないと思う方は多いでしょう。その点、多摩にある霊園の場合は個別に保管してもらえるので安心です。ただし、多摩にある霊園の永代供養墓は大変人気のあり、毎年新規募集があるわけではありません。申し込みを受けつけているかどうか事前の確認が必要です。

Copyright© 2018 故人ために霊園管理を大切にしよう!【都心からも比較的近く】 All Rights Reserved.